脱毛といえど、様々な方法がある

脱毛といえど、様々な方法があり、光脱毛や医療脱毛などがありますが、光脱毛の一種であるSSC脱毛は、痛みや肌トラブルが少ないと言う事で人気を集めています。
医療脱毛と違い、ジェルと光を使用して脱毛施術を行い、ジェルと光エネルギーの力でムダ毛の再生力を抑え、薄くしていきます。
施術を受けたばかりの段階では、減毛、抑毛に近い効果があり、その後定期的に施術を重ねるうちに毛の再生能力が低下して、目立たないくらい細い毛が生えてくる程度にすることができます。
レーザーを使用した医療脱毛の場合、医療行為にも使用できるものを使用するため、脱毛費用が高くになってしまいがちですが、施術料金は安価であるので、若い女性なども受けています。
高出力のレーザーで処理する医療脱毛は脱毛力も高いため施術回数が少なくできますが、施術中は痛みが発生し、脱毛後には肌荒れや赤みなどの肌トラブルが起こることも考えられますが、SSC脱毛はジェルを肌に塗布してから光を当てていき、ジェルによって保湿しながら施術を行うため、肌に優しく、やけどや赤みなどのトラブルも起こりにくいのです。
肌へのダメージが少ないということは、痛みがほとんど発生しないということなのです。
医療脱毛に比べると脱毛効果は低いため、繰り返し施術を受けなければなりませんが、女性の気になる痛みや肌トラブルがが少なく脱毛効果があるので、安心して施術が受けられるメリットが多い方法なのです。