医療脱毛と光脱毛

脱毛には医療機関で行う医療脱毛とエステサロンなどで行う光脱毛などがあります。
医療脱毛は医療行為に当たるので、施術は医師や医師の指導の下に看護スタッフが行ってくれます。
また、医療行為に使用する機器ですので脱毛機器は厳しい安全審査をクリアした機器のみを使用しています。
更に施術時の痛みが強い時は麻酔クリームや麻酔シートの使用をしてくれたり、万が一施術後に炎症を起した場合は薬を処方してくれたりします。
これらの行為は医療機関でしか出来ません。
エステサロンなどと医療脱毛との大きな違いは安全性と安心感でしょう。
医師に施術をして貰える安心感はエステサロンでは得る事が出来ません。
そんな安心感と安全性を誇る医療脱毛ですが、施術前後の注意点を守らないとトラブルになってしまう危険性があります。
施術時のトラブルを招かない為には施術前に日焼けをしない事です。
日焼け肌にレーザーを当てるとレーザーが日焼け肌に反応してしまい、火傷の様な状態になる可能性があるのです。
レーザーは毛根の黒色に反応して脱毛します。
ですから、日焼け肌に反応してしまう可能性が高いのです。
ですから、絶対に施術前には日焼けをしない様に気を付けましょう。
また、施術後は肌が大変敏感になっていますので、熱いお湯に入ったり、日焼けをしたりすると火傷の症状を起こしてしまうので、注意して下さい。
施術後の肌には化粧水などで保湿をしっかりと行いましょう。
また、施術前に毛抜きで自己処理すると脱毛効果が無くなるので、気をつけて下さい。