埋没毛とは毛が毛穴の奥に入り込んでしまった状態

埋没毛とは、毛が毛穴の奥に入り込んでしまった状態のことで、肌内部にとどまるため、見た目も悪く、取りだそうとすると炎症を起こすなどトラブルになる可能性があります。
毛が皮膚内に埋まってしまう主な原因は、頻繁に自己処理をすることにあり、何度もカミソリやシェーバー、毛抜きなどで一時的に脱毛を行うことで、毛穴がどんどん皮膚の奥に進んでしまい、毛の処理をしても毛穴の奥に入った太い毛が脱毛できずに肌に黒いぶつぶつが残ったように見えます。
肌に埋まった毛を肌を破って無理やり毛抜きなどで引き出すと毛穴を傷つけることになり、毛穴が炎症を起こしたり、色素沈着を起こしたりなど、肌トラブルを起こして脱毛ができない状態になってしまいます。
埋没した毛を改善したい場合は、レーザーを使用した医療脱毛を受けることが最適なのです。
レーザーを使用した医療脱毛であれば、レーザーによって皮膚の奥に入り込んでしまったムダ毛の毛根の破壊することができるため、自然に毛穴から毛が抜け落ちます。
医療脱毛を行うと、毛穴の中に毛がなくなるので、黒いぶつぶつとしたものも減少させることもできます。
しかし、埋没毛は正常な毛よりも皮膚の奥に入り込んでしまうため、何度かレーザーの照射しないと効果が現れないことがあります。
医療脱毛は、脱毛エステで使用されているフラッシュ脱毛よりも脱毛料金が高い傾向にあり、痛みも感じやすいのですが、効果は高いので、埋まってしまった毛を改善する効果は高いと言えます。